マンションは外壁塗装するのが義務|老朽化を防ぐコツ

作業員

施工品質は一級品

大阪府にお住まいで自宅の外壁、屋根塗装を計画しているなら、さくらペイントに施工依頼することをおすすめします。下処理から塗装まで自社職人による確実な作業が行われており、長持ちする塗装を良心的な価格で提供してくれます。

ペンキ

家を美しく見せよう

マイホーム建築の中でも重要な工程が外観を決める外壁塗装でマイホーム建築の盛んな大阪では外壁塗装の専門業者が多くあります。外壁塗装の作業手順は、まず仮設足場が組まれ、外壁材を洗浄し、外壁材にビス打ちをします。そして下塗り、中塗り、上塗りを行い、足場の撤去、清掃を経て一連の作業が完了することとなります。

10年に一度の大規模工事

マンション

資産価値を保持するため

マンションの維持や資産価値を高めるために必要な工事に外壁塗装があります。一般的には外壁の塗装や屋上の防水処理は10年ごと、外階段などの鉄材を使用している部分に関しては、5年に一度ほどの塗装が必要となってきます。だいたい10年に一回ほどは、マンションの外壁塗装のために大掛かりな工事を行うと知っておくといいでしょう。マンションの場合は、高所作業を伴うために外部足場を組む必要があります。これに塗料の飛散を防ぐシートによる養生が行われます。ですから工事期間中は太陽の光が入りにくく、窓を開けることも出来なくなります。外壁は風雨に晒されているために、かなり汚れています。そのために高圧洗浄機で汚れをきれいに洗い流します。この作業をきちんとしておくことで、外壁塗装剤が上手く付着することになるのです。また壁面の割れ目や欠けを補修する作業も行います。塗装する前に補修しておくことで、それ以上の劣化を防ぐことが出来るのです。外壁部分にコーキング処理がされている場合は、一度剥がしたうえで新しくコーキング処理を施します。コーキング剤は紫外線で劣化するために、外壁塗装を行う前に処理しておくことで、塗装による保護が可能になるのです。マンションの外壁塗装は、下塗り、中塗り、上塗りと複層塗りで行います。次の10年を快適に過ごしてもらうためにも、きちんと丁寧に塗布してあることが重要なのです。一般的には大掛かりな外壁塗装工事を行ったら、次は10年度になりますが、その間に雨漏りや剥離などが発見された場合は速やかにメンテナンスをする必要があります。外壁は、マンションを守る非常に重要な働きをしているのです。

作業員

地域の業者探すには

外壁塗装を希望しているのであれば、ホームページや口コミ情報を確認しましょう。名古屋の何社かを候補にあげて見積もりの連絡をし、見積もりから納得できる業者を検討します。それぞれの強みを見比べた上で選びましょう。